ぬるリーマンが行く。

ちょいオタクの、ぬるいサラリーマンによる日々の垂れ流しメモ。もう30代後半ながらなかなか抜けきらないオタク趣味と、日々のダラけた生活。

【気になるものメモ】GORE-TEX® SHAKEDRY

5年ほど愛用していたMONTANEの雨具(EntrantDT)も経年劣化で内部がボロボロと剥がれてきたので、買い替えタイミング。モデル名は忘れました。



コケても破れないし、安いしハードに使えてコレはコレで良かったです。




で、色々と調べていたところ、気になるものメモです。



↓こんなの↓






フツーの防水ウェア(雨具)って、撥水層が1層目、防水層が2層目で、3層目があるかないかみたいな感じです。
(いわゆる3レイヤー、2レイヤー)




気になっているSHAKEDRYはフッ素樹脂膜が1層目(表側)に。


そして、この表面生地、フッ素樹脂らしいです。


そりゃ弾くよね。防水スプレーとかフッ素だし、そのものなのだから弾きまくり。


むしろ、今までの物と違って、


撥水性が落ちることがない?


のかな?





ただ、表面強度的にはどうなの?って感じらしい。


実際ハードに使った参考例がまだあまりないのですが、このSHAKEDRYを採用しているアークとか、マムート、GORE-RUNNNING-WAREでも使い方はランニング+サイクリング(ロード)となってたり、


荷物背負ったりしない前提


だったりします。


耐摩耗性が無いのかなぁ?




自分の使い方的に想定されるマウンテンバイクや、山登りは基本的に想定外の使い方となってしまうのですが、


マウンテンバイクは1日中走るハードコースでも、水+工具+食糧で3~4キロ?の荷物ですし、山登りも極力荷物減らす派(ULまでは行かない)ので、1泊テント寝袋付でも8キロくらい。


コケたら何着ていても一緒だし、ザックにあたる部分の表面強度なくてもイケそうな気もします。


撥水性は落ちないだろうし。たぶん。





そして実物は触った感じあまりシャカらないらしいのです


(着擦れの音が非常に少ない)


これ重要だなぁ。




実験的に買ってみるには非常に高価なのですが、もう少し安くなったら・・・


と思ってたらmont-bellが自転車用で出すらしいですね。


フード無さそうだけど、まぁまぁ安そう。





以前、MONTANEのSpektr Smockとゆーマニアックな雨具(ジッパーなし。マジックテープ+被るように着る)買ったこともあったのですが、自分の使い方には合わない(ジッパー開けっ放しで歩きながら体温調整しつつ、降ったり止んだりにも対応)のと、フードに庇が無いので、帽子が無いとびしょびしょになるので、直ぐ処分しちゃいました。







e-VENTとか、Pertexとか、新素材、新工法ありすぎて何が良いのかよくわからんですよね。
要は、
天気や、季節、重さ、利便性のどれに特化するか、汎用性を取るかのどちらかな気がします。


とりあえず、ゴアテックス薦めとけみたいなのもアリだとは思いますけども・・・。










防水ウェア、レインウェア、ウインドブレーカーがとゆー言葉が玄人様には怒られそうですが、アカデミックな方は調べてみてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。